仲野マリの気ままにシネマナビ online

投稿誌「Wife」に連載中の「仲野マリの気ままにシネマナビ」がWebの世界に飛び出しました!

★「Wife」は創刊50年の歴史を持つ投稿誌です。 http://www.wife.co.jp

諧謔と欲望の「キー」を突き止めるのは誰だ?


グランドピアノ1

(c)NOSTROMO PICTURES SL / NOSTROMO CANARIAS 1 AIE / TELEFONICA PRODUCCIONES SLU / ANTENA3 FILMS SLU 2013
 
監督:エウヘニオ・ミラ

配給:ショウゲート

封切:3月8日(土)より新宿シネマカリテほか全国ロードショー

公式サイト: http://grandpiano-movie.jp/

ストーリー●
トム・セルズニック(イライジャ・ウッド)は
5年ぶりのコンサートに向っていた。
有名女優の美人妻・エマ(ケリー・ビシェ)も、
この日の復活を待ち望んでいた。
コンサートは、
トムの師匠であり鬼才と呼ばれたパトリックの追悼のためのもので、
用意されたグランドピアノはパトリックの遺品。
通常より黒鍵が多い特殊な代物である。
かつてパトリックに並ぶ天才と言われながらこのピアノを弾いて失敗し、
それ以来ステージ恐怖症になったトム。
もう一度失敗したら、もう後がない。
そんな状況で、彼は意を決して弾きはじめる。
が、演奏が進み楽譜をめくると、そこにはありえない走り書きが!
「一音でも間違えたら、お前を殺す!」
「助けを読んだら眉間を撃ち抜く!」
恐ろしい緊張の中で1曲弾き終えたトムに、
姿の見えない脅迫者は、
5年前に失敗した難曲「ラ・シンケッタ」を弾くよう要求する。

解説と見どころ●
監督のエウヘニオ・ミラが音楽家でもあることから、
コンサートの描写に手抜きがない。
特に、イライジャ・ウッドのピアニストぶりが見事である。
ただ、音楽や芸術を追求した映画ではなく、
あくまで「謎」を追いかけるサスペンス映画。
主人公がいかに危機をかいくぐり、崖っぷちから這い上がっていくか、
謎の脅迫者の要求にどうこたえていくのか、
脅迫者の魔の手から、妻は、友人は、守られるのか。
コンサートという限られた時間と空間で行われる駆け引きで
スリル、スリルの連続を切り抜けるうち、
トムは自信を取り戻していく。
そして、本当の主人公は「グランドピアノ」。
その中に仕掛けられた知性と欲望の「キー」が、最後の最後に姿を現す。

「イヤ」と言えないすべての女性に
~今語られる「ディープスロート」の真実~

ラヴレース:メイン
©2012 LOVELACE PRODUCTIONS,INC.ALL RIGHTS RESERVED
 
監督: ロバート・エプスタイン/ジェフリー・フリードマン
配給: 日活
封切: 3月1日(土)ヒューマントラスト有楽町ほか全国順次ロードショー
公式サイト: http://lovelace-movie.net/

ストーリー●
1970年、フロリダ。
21歳のリンダ(アマンダ・セイフライド)は女友達と遊びに行った帰り、
バーの経営者チャック・トレーナーと出会う。
厳格なカトリック信者の両親のもとで育ったリンダは
自由奔放なチャックに傾倒、親の束縛から逃れるように家を出る。
自分らしい生活を夢見て決めた結婚だったが、
それは新たな「束縛」の始まりだった。
金策のため、リンダは夫の言うままにポルノ女優に。
主演映画「ディープスロート」は社会現象的な大ヒットとなるが、
チャックは金を使い果たし、リンダにさらなる犠牲を強いる。


解説とみどころ●
なぜ女性は、好きな男性に「イヤ」といえなくなるのだろう。
「今はイヤ」「そんなことはイヤ」「絶対イヤ」…その一言が言えれば…。
いや、言ったとしても、男は切り返してくる。
「愛していればできるはず」「愛しているから頼むんだ」
―そして、その「愛」を「セックス」とイコールにして女を説得する。
殴っても、罵倒しても、
最終的に抱いてしまえばこっちのものだと思っている。
 
ひどく殴られた晩、リンダが実家に救いを求めるシーンが切ない。
母親(シャロン・ストーン)は一言、「夫には従うものよ」と言い放つ。
子は親に、妻は夫に、従順であることだけを美徳とする価値観が、
リンダから退路を奪うのだ。
 
この映画を「かつて一世を風靡したポルノ映画の
伝説的主演女優の半生」とくくるのはたやすい。
しかし、描かれているのは特別な女性ではない。
まじめで優しくて、ちょっと世間知らずな女の子なら、
誰でもいつでも陥ってしまう蟻地獄である。
人生の袋小路にはまるずっと手前で逃げられるよう、
「イヤ」と言い通せる強さと賢さが心底欲しくなる作品である。

↑このページのトップヘ