仲野マリの気ままにシネマナビ online

投稿誌「Wife」に連載中の「仲野マリの気ままにシネマナビ」がWebの世界に飛び出しました!

★「Wife」は創刊50年の歴史を持つ投稿誌です。 http://www.wife.co.jp

老獪と柔軟と好奇心
ジャンルの壁を颯爽と超える72歳が
若手アーティストと作品を生み出す瞬間


躍る能楽師メイン
 Ⓒ究竟フィルム KUKKYO FILMS

監督・撮影・編集:三宅 流
製作:究竟フィルム KUKKYO FILMS、contrail、株式会社アースゲート
配給:究竟フィルム KUKKYO FILMS
 
封切 :6月27日(土)より新宿K's cinemaにて公開、以降全国順次公開予定


解説とみどころ●
2012年、能楽師・津村禮次郎は70歳を迎えた。
古希を祝う記念能も「一つの通過点」に過ぎない、と
彼は少年のような瞳を輝かせて未来を語る。
一ツ橋大学の学生時代に初めて能に触れ、
女流能楽師・津村紀三子の弟子になる。
乞われて養子となり、若くして集団を率い、
ひたすら能の世界に没頭した壮年期。
40歳を過ぎたあたりから他ジャンルとのコラボにうって出る。
この映画は三宅流監督が津村禮次郎の5年に密着したドキュメンタリー映画だが、
単なる「老能楽師の一生」ではない。
才能と才能がぶつかりあい、融合しあって新作が生まれるその瞬間の連続。
企画出しから稽古風景、上演風景まで、ふんだんに目撃できる。

クラシックバレエのプリマであり、モダンバレエも手掛ける酒井はな、
キリアン率いるNDTに日本人として初めて入団、金森穣率いる舞踊集団Noismを経て
今はOptoを主宰、自らの世界を広げる小㞍健太。
NHKの子ども番組にも出演し、強靭な身体能力とポップなダンスデザインで人気の
森山開次。
舞踊集団コンドルズや劇団イキウメなどの作品にも関わる振付家・平原慎太郎。
パントマイムを駆使した演出が独特の小野寺修二。

溢れ出る若い才能たちの意見を笑顔で受け入れ、
他ジャンルの舞踊スタイルを一から学ぶ。
そこに能楽師としてのゆるぎない動きがスパイスに。
気がつけば、場を支配するのは、津村のほう。

津村だけが能面、能装束を身につけて
ガムランの調べに乗り、バリのガムランダンサーと共演する。
互いにしゃべるのは母国語。
丁々発止の戦いの場も、
親子で胸の内を語る場面も、
まったく違和感なく感じられるのはなぜだろう?

舞踊とは、生きること。
舞踊とは、語ること。
舞踊とは、つながること。

ジャンルにとらわれず、まっすぐに舞踊を極めようとする人々が
互いに互いをリスペクトし、自分にないものを吸収していくさまに触れると、
人間の創造性、可能性が無限大であることを実感せずにはいられない。

古典としての能楽を、世界に、未来に開いていく一方で、
逆に能楽自体、いにしえの舞楽を内包し発展させてきたことを示す津村。
一本の太い線でつながった「舞踊」の木に流れる樹液のようにして、
津村の好奇心は、過去から未来まで自在に旅を続けるのだ。

K's cinema(新宿駅南口、大塚家具新宿店からすぐ)では、
毎朝10時30分からの上映のみだが、
アフタートークがすごすぎる!

6/27(土)小野寺修二(演出家・俳優)× 津村禮次郎 × 三宅流
6/28(日)津村禮次郎 × 三宅流
7/01(水)ロバート・ハリス(DJ・作家)× 津村禮次郎 × 三宅流
7/07(火)平原慎太郎(舞踊家・振付家)× 津村禮次郎 × 三宅流
7/08(水)小谷野哲郎(バリ舞踊家)× 津村禮次郎 × 三宅流
7/11(土)小㞍健太(舞踊家・振付家)× 酒井はな(舞踊家)× 津村禮次郎 × 三宅流
7/12(日)森山 開次(舞踊家・振付家)× 津村禮次郎 × 三宅流
7/17(金)野田秀樹(演出家・役者)× 津村禮次郎 × 三宅流

行けるなら、毎日行きたい!
私が行った日はアフタートークなしの日だったが、三宅監督のあいさつはあり。
どんなジャンルであっても舞踊に、芸術に、文化に、人間に、関心のある人は、必見。

躍る能楽師サブ
  Ⓒ究竟フィルム KUKKYO FILMS

なぜ三姉妹は、腹違いの四女を受け入れたのか

海街メイン

(C)2015吉田秋生・小学館/「海街diary」製作委員会

監督・脚本:是枝裕和
原作:吉田秋生 
配給:東宝、ギャガ
封切 :6月13日(土)より全国ロードショー
公式サイト :http://umimachi.gaga.ne.jp/


ストーリー●
幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ)、千佳(夏帆)は、
香田家の三姉妹。
幸はしっかりものの看護師、
佳乃は信用金庫に勤務。恋愛体質で、片づけがヘタ。
千佳はオシャレに関心がなく、もっぱら釣りに興じている。
父は愛人をつくって15年前に出奔した。
三女の千佳に、父親の記憶はほとんどない。
母(大竹しのぶ)もまた家を出て、
三人は早くから長女・幸が親代りのようにして生きてきた。
両親がいない鎌倉の古い日本家屋に
三人はずっと住み続けている。
三姉妹の共同生活を見守ってきたのは、大叔母にあたる史代(樹木希林)だ。
そこへ父の訃報が。
出奔時とは違う女性と暮らしていた父の最期をみとったのは、
中学生になるすず(広瀬すず)だった。
産みの母も父も死んでしまったすずが、
血のつながらない義母のもとで暮らすことを気遣い、
幸はすずに「鎌倉に来ないか」と誘う。
史代は反対だ。
自分たち家族を父に捨てさせる原因となった女性の娘を、
なぜ?
しかし幸の決意は固い。
すずは幸の真意を測りかねながらも、新しい世界に飛び出そうとする。
そして四姉妹の生活が始まった。

みどころ●
現代の話だが、描写される鎌倉の古家での穏やかな生活は、
一昔前の昭和の営みに包まれている。
縁側に集い、
庭の梅の木の実をとって梅酒をつけるところ、
ガタピシ音をさせる建て付けの悪い戸を行き来しながら、
お風呂の順番をとりあうところ。
丸いちゃぶ台でご飯を食べるところ。
一見、
のどかな古き良き日本家庭を描いているようでいて、
この家庭は「昭和の標準」から大きく逸脱している。

カンヌ映画祭での上映後、
「立膝をついてご飯をかっこむなど、日本の娘のすることではない」と
その描写を批判する報道があったが、
映画の意図をまったく理解しない意見である。
彼らは親に育てられていない子どもなのだ。
幸は今でも妹たちに「お行儀」をおしえる。
彼女たちが10歳にもならないときから、幸は「お行儀」をおしえてきた。
子どもが、子どもに、「お行儀」をおしえてきたのだ。

おとなの身勝手で、「子ども時代」を奪われた、幸。
でも、「親」はいなくても「家」はあった。

「鎌倉の家」は繭玉となって、
幸を、佳乃を、千佳を、守ってくれてきたのである。

この四姉妹の物語を、市川崑監督の映画「細雪」と並べて評する向きがあるが、
私はむしろ小津安二郎監督の「東京物語」を思い出した。

古き良き「家庭」の幻想を背景に二重写しとなる、
家庭崩壊。
「新しき者」の闖入によって浮き彫りとなる
本当の家族愛のかたち。
四人がそれぞれひっそりと持ち続ける親との思い出の断片が、
ゆっくりと像を結び始める。

静かな映画である。
地味な映画である。
しかし、
四人の若手女優の好演と、
樹木希林の名演、大竹しのぶの怪演によって
七色の織物に仕上がっている。

カンヌでグランプリを取れなかったのはむべなるかな。
ヨーロッパが求める映画とは文法が異なる。
その意味でも、小津映画に似ているかもしれない。

新人・広瀬すずが場面場面でまったく異なる顔を見せるのが印象的。
綾瀬はるかが強さと脆さを抱えながら、仕事も恋愛も家族問題も、
「自分のものさし」を持ってまっすぐに向き合う長女を好演。
長澤まさみはセピア色の「昭和な生き方」に新しい風と色をもたらす。
夏帆は幸が失った子ども時代をそのまま内包する末娘として、
異色の輝きを放っている。

海街サブ1
(C)2015吉田秋生・小学館/「海街diary」製作委員会

菊池史代(三姉妹の大叔母)
(C)2015吉田秋生・小学館/「海街diary」製作委員会

佐々木都(三姉妹の実母)
(C)2015吉田秋生・小学館/「海街diary」製作委員会

近未来のジャンヌ・ダルク、ガレキの上に立つ

★メイン圧縮1
 
ⒸTM & © 2015 LIONS GATE FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

監督:フランシス・ローレンス
配給:KADOKAWA
封切 :6月5日(金)TOHOシネマズ みゆき座他全国ロードショー
公式サイト :http://hungergames.jp


ストーリー●
ハンガー・ゲームの歴代優勝者が集結した第75回記念大会の闘技場から、
危機一髪のところで救出されたカットニス(ジェニファー・ローレンス
)。
彼女が収容されたのは、第13地区の地下にある反乱軍の秘密基地だった。
13地区は滅亡したとされていたが、
コイン首相(ジュリアン・ムーア)率いる反乱軍が、
独裁国家パネムを打倒と新国家建設をめざし、
戦いの準備を進めていたのだ。
士気を高め人心をまとめるため、
革命のシンボルを必要としていた反乱軍は、
カットニスにその役を依頼する。
対するスノー大統領は反乱を未然に抑え込むべく、
カットニスを逃がすため捕らわれ人質になった
ピータ(ジョシュ・ハッチャーソン)をテレビ番組に担ぎ出して
プロパガンダに利用する。
胸を引き裂かれるカットニス。
反乱軍はピータ救出作戦を実行するが、
その先にはさらなる過酷な運命が待っていた…。

みどころ●
映画の最大の魅力は、
なんといっても主人公カットニスを演じる
ジェニファー・ローレンスのかっこよさだ。
情に厚く、理知的で高潔な精神を持ち、かつ勇敢で美人。
息をもつかせぬアクションももちろんみどころ。

「二匹目のどじょう」を狙ってシリーズ化される映画は後を絶たないが、
1作、2作とも連続して大ヒットする映画はなかなかない。
すでに「ハンガーゲーム」は近未来のジャンヌ・ダルクとなった
カットニスの一代大河ドラマとなっている。

各地区からくじで選ばれた若い男女が
森でのサバイバルゲームに投げ込まれ、
最後の一人になるまで殺し合いをさせられる第1作は、
そのあらすじだけを聞くと
「バトルロワイヤル」の二番煎じのようでもあり、
あるいはバトル系ゲームを映画化しただけと捉えるむきもあった。

しかし
独裁国家における人民の疲弊や自由の蹂躙がもたらす苦しみ、
「殺さなければ生き残れない」というギリギリの選択を常に押し付け、 
巧みな情報操作で各地区の連隊を阻むやり方は、
すでに第1作から単なる娯楽を突き抜けて、
非常に政治的な要素を含んだ 極めて深い物語であり、
これを「娯楽作品」として全米年間興行第1位にさせた手腕は並ではない。

2作目は
「優勝者2人は恋に落ち、結婚し、
そして幸せに暮らしましたとさ」という虚構を演じさせられ
憎むべき独裁政府の広告塔となって国中を巡業させられる
カットニスとピータの葛藤を描いた。
「ウソの生活なんかできない」というカットニスと
 生き残るために何をすべきか冷静に考えるピータ。
「流されれば楽に生きられる。ほかの人たちの幸せなんてどうでもいい」
そうした誘惑に抗い続ける2人。
ついに「虚構」を捨てるが、ピータはつかまってしまうのだった。

その続きとしての、今回の3作目。
「レジスタンス」というタイトルが示すように、
これは反政府軍の戦いの日々の記録である。
ガレキの山、死傷者であふれる野戦病院、
人々を鼓舞するリーダーの演説…。
もはや「娯楽」を突き抜け「フィクション」も突き抜け、
今、世界中のあちこちで起きている市街戦の真っただ中に
身を置くような感覚になる。

汚れた身なりで無表情に労働へと向かう庶民と、
宮殿のような大統領府で優雅な生活を送る支配者たち。
1作目の公開から3年が過ぎた2015年。
ますます苛烈を極める地球上の貧富の差が
この映画の中にそのまま存在する。

互いに情報戦を制しようとプロパガンダ合戦に明け暮れる両者。
その裏で街ごと空爆され、すべてを失う庶民。

この戦いに、終わりはあるのか?

戦いの虚しさ、戦いの中で生きる苦しさを、
自らの問題として突きつけられる。
戦争映画として、秀作だ。

ちなみに、「FINAL」と 銘打っているが、「レジスタンス」は通過点。
「FINAL レボリューション」に続きます。 


サブ4
ⒸTM & © 2015 LIONS GATE FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

サブ2
ⒸTM & © 2015 LIONS GATE FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

サブ7
ⒸTM & © 2015 LIONS GATE FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.


サブ8
ⒸTM & © 2015 LIONS GATE FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

↑このページのトップヘ