仲野マリの気ままにシネマナビ online

投稿誌「Wife」に連載中の「仲野マリの気ままにシネマナビ」がWebの世界に飛び出しました!

★「Wife」は創刊50年の歴史を持つ投稿誌です。 http://www.wife.co.jp

平安のゲリラ戦士・将門御前が背負った夢

蒼の乱
 Ⓒ2015 ゲキ×シネ『蒼の乱』/ヴィレッヂ・劇団☆新感線


作:中島かずき
演出:いのうえひでのり
配給:ヴィレッヂ/ティ・ジョイ
封切: 5月9日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー
公式サイト:http://www.aonoran.com/

ストーリー●
渡来の女性・蒼真(天海祐希)は
国家大乱という不吉な占いをして追われているところを、
坂東武者の将門小次郎(松山ケンイチ)に助けられる。
故郷の平和と安定を純粋に夢見る小次郎。
そこへ西海で暗躍する伊予住友(粟根まこと)が現れ
「東西同時に蜂起して都を脅かそう」と小次郎に持ちかけてきた。
蒼真に不安がよぎる。
彼女には、故国での蜂起に失敗し、
仲間の大半を失うという辛い過去があった。

みどころ●
今年創立35周年を迎える劇団☆新感線。
重厚なテーマでありつつスピーディーな殺陣やコミカルな場面、
華やかなミュージックシーンを織り交ぜた舞台は、
若者中心に絶大な支持を得ている。
そのライブ感を損なうことなくフィルムに収めたのが「ゲキ×シネ」だ。
 
今回は、平安中期に起きた平将門の乱・藤原純友の乱をモデルに、
中央政治に蹂躙される辺境の民や渡来人たちの運命を描く。

宝塚OG天海祐希による
元男役ならではの凛々しい演技は輝くばかりだ。
天皇とアイヌの族長の二役を演じた平幹二朗は、
不満分子を巧妙に操り、分裂・弱体化させる政治家のいやらしさを際立たせた。
そうした「権力」サイドの手練手管に
まんまとのってしまう純朴かつ単細胞の将門小次郎の憎めなさを
松山ケンイチが好演。 
 
誇りか、生活か。勝利か、命か。
「テロとの戦い」が安易に叫ばれる今だからこそ、
とりわけ心に響く歴史ファンタジーである。 

浮世絵から飛び出す江戸パワー!
北斎の娘にして片腕・お栄の青春


sarusuberi_main
Ⓒ2014-2015 杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会

監督:原 恵一
原作:杉浦日向子
配給:東京テアトル
封切 :5月9日(土)よりTOHOシネマズ日本橋、
テアトル新宿ほか全国ロードショー
公式サイト :
http://sarusuberi-movie.com


ストーリー●
文化11年、江戸。
浮世絵師・お栄(杏)は、
父であり師匠でもある葛飾北斎(松重豊)とともに、絵を描いて暮らしていた。
別居して暮らす母・こと(美保純)は、
絵を描くこと以外何にも目に入らぬ二人の、
散らかしほうだいの暮らしを心配するが、
当のお栄はどこ吹く風。
「親父と娘と筆2本、箸4本あればどこででも食っていけるさ」と
男社会の絵の世界で、まなじり決してまい進する。
女だてらに臆せず枕絵を描きもするが、
そこは生娘、「絵はうまいが味がない」などと言われ壁に突き当たる。
そんなお栄がもっとも心を砕くのが、
妹のお猶(清水詩音)のことだった。
生まれつき目が見えず、
琵琶の勉強のため尼寺に預けられているお猶を
ときどき寺に訪ねては連れ出し、
目の見えないお猶に江戸の街の風景を語って聞かせるのだ。
ある日、お猶がことの家に戻された。病気だった。
日に日に弱るお猶に、
父の北斎はどうしても会おうとしない。
お栄は父を「いくじなし!」となじるのだった。

みどころ●
江戸風物の漫画を描かせたら右に出るもののいない
早世の人気漫画家・杉浦日向子の作品のアニメ化で、
早くから完成が待ち望まれていた。
ストーリーはお栄とお猶の姉妹愛を軸にはしているが、
映画の魅力は細密に再現される江戸の風景である。
両国橋の上でお猶は行き交う人々の「音」を楽しむが、
お栄はお猶の「音」を、写生のために記憶する。
原監督は、お猶の耳と、お栄の目を通して、
江戸の街をすみずみまで再現し、提供しようとしているのだ。
また、
北斎が描いた竜が魂を持ち、絵から飛び出していくところや
絵に描かれた百鬼や妖怪たちが動き出すところも圧巻。
何より、オープニングである。
江戸の街を闊歩するお栄とバックに流れるロック調の音楽が
実に塩梅よくかけ合わさってわくわくする。
椎名林檎が手掛けるエンディングテーマとも違和感がない。

このところ、日本画を見る機会が多いのだが、
「鳥獣戯画」や「北斎漫画」は言うに及ばず、
日本画そのものが漫画の原点であることを
ひしひしと感じている今日この頃。
アニメファン、浮世絵ファンは必見である。

声優には上記の面々をはじめ、
濱田岳、高良健吾、筒井道隆、麻生久美子など俳優のほか、
人気落語家の立川談春も参加。

街並みに歌舞伎小屋の中村座が出てくるところなど、
歌舞伎ファンにもうれしい仕掛けになっている。

*お栄は「葛飾応為」の雅号を持ち、「吉原格子先之図」はよく展覧会に出品される。


 
sarusuberi_sub2
 
Ⓒ2014-2015 杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会
sarusuberi_sub1
Ⓒ2014-2015 杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会
 

たくましき江戸の女たちが縁切寺に賭ける第二の人生

駆け込み女メイン

Ⓒ2015「駆込み女と駆出し男」製作委員会

監督:原田眞人
配給:松竹
封切 :5月16日(土)より全国順次公開
公式サイト :http://kakekomi-movie.jp/


ストーリー●
天保12年。
時代は水野忠邦の「天保の改革」により質素倹約がよしとされ、
芝居や戯作本など娯楽への取締も強くなっていた。
医者の卵でありながら戯作者も志す中村信次郎(大泉洋)は、
住みにくくなった江戸を離れ、
鎌倉・東慶寺の門前にある親戚の家・柏屋に身を寄せる。
東慶寺は、女性から離縁できなかった江戸時代、
駆込んで2年寺に籠れば女性からでも離縁ができる寺として有名で、
柏屋は駆込んだ女性たちの事情を聞くための御用宿、
いわば離婚調停人の役割をする場所だった。
信次郎は御用宿での聞き取りを手伝うようになる。
そこへ駆け込んできたじょご(戸田恵梨香)とお吟(満島ひかり)。
夫(武田真二)の浮気とDVで心を閉ざすじょごは、
源次郎のやさしさに触れ、少しずつ心を開いていく。
一方お吟は、
豪商堀切屋(堤真一)の囲われ者で、何不自由なく暮らしていたのに駆け込んでくる。
「愛されすぎて身がもたない」というのがその理由だが、
実はお吟にも、夫の堀切屋にも、互いに言えない秘密があった。

みどころ●
原作は井上ひさしの「東慶寺花だより」。
駆込んできた女性一人一人の人生と行く末を描く短編から成る。
最近では市川染五郎主演で歌舞伎でも上演された。
単に「哀れな女性が最後の救いを求める」というだけにとどまらず、
自分らしく生きようと決断し、
新しい人生を選択する女性たちの逞しさや、
彼女たちを温かく見守る周囲の人々の
庶民ならではの知恵の集積が小気味よい。
そこに井上ひさしらしい笑いと
人間の生活力を信じる優しいまなざしを感じる。

時代劇初挑戦の原田眞人監督は、
黒澤明作品を初めとする日本の時代劇映画に連なろうと、
江戸風物と色彩にこだわって丁寧な映像作りに徹した。
本格的な作風は、時代劇ファンにはうれしい限りだ。
細部にこだわる井上ひさしワールド構築にもつながっている。
一方で、
時代劇馴れしない精神が現代人にもわかりやすい人物描写を生み、
アクションありロマンスあり笑いありの展開の早さで
2時間半という長尺をちっとも感じさせない。
この映画をきっかけとして
時代劇に興味を持つ人も増えるのではないだろうか。

駆け込み女サブB
 Ⓒ2015「駆込み女と駆出し男」製作委員会

↑このページのトップヘ