仲野マリの気ままにシネマナビ online

投稿誌「Wife」に連載中の「仲野マリの気ままにシネマナビ」がWebの世界に飛び出しました!

カテゴリ: ロードショウ

近未来のジャンヌ・ダルク、ガレキの上に立つ

★メイン圧縮1
 
ⒸTM & © 2015 LIONS GATE FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

監督:フランシス・ローレンス
配給:KADOKAWA
封切 :6月5日(金)TOHOシネマズ みゆき座他全国ロードショー
公式サイト :http://hungergames.jp


ストーリー●
ハンガー・ゲームの歴代優勝者が集結した第75回記念大会の闘技場から、
危機一髪のところで救出されたカットニス(ジェニファー・ローレンス
)。
彼女が収容されたのは、第13地区の地下にある反乱軍の秘密基地だった。
13地区は滅亡したとされていたが、
コイン首相(ジュリアン・ムーア)率いる反乱軍が、
独裁国家パネムを打倒と新国家建設をめざし、
戦いの準備を進めていたのだ。
士気を高め人心をまとめるため、
革命のシンボルを必要としていた反乱軍は、
カットニスにその役を依頼する。
対するスノー大統領は反乱を未然に抑え込むべく、
カットニスを逃がすため捕らわれ人質になった
ピータ(ジョシュ・ハッチャーソン)をテレビ番組に担ぎ出して
プロパガンダに利用する。
胸を引き裂かれるカットニス。
反乱軍はピータ救出作戦を実行するが、
その先にはさらなる過酷な運命が待っていた…。

みどころ●
映画の最大の魅力は、
なんといっても主人公カットニスを演じる
ジェニファー・ローレンスのかっこよさだ。
情に厚く、理知的で高潔な精神を持ち、かつ勇敢で美人。
息をもつかせぬアクションももちろんみどころ。

「二匹目のどじょう」を狙ってシリーズ化される映画は後を絶たないが、
1作、2作とも連続して大ヒットする映画はなかなかない。
すでに「ハンガーゲーム」は近未来のジャンヌ・ダルクとなった
カットニスの一代大河ドラマとなっている。

各地区からくじで選ばれた若い男女が
森でのサバイバルゲームに投げ込まれ、
最後の一人になるまで殺し合いをさせられる第1作は、
そのあらすじだけを聞くと
「バトルロワイヤル」の二番煎じのようでもあり、
あるいはバトル系ゲームを映画化しただけと捉えるむきもあった。

しかし
独裁国家における人民の疲弊や自由の蹂躙がもたらす苦しみ、
「殺さなければ生き残れない」というギリギリの選択を常に押し付け、 
巧みな情報操作で各地区の連隊を阻むやり方は、
すでに第1作から単なる娯楽を突き抜けて、
非常に政治的な要素を含んだ 極めて深い物語であり、
これを「娯楽作品」として全米年間興行第1位にさせた手腕は並ではない。

2作目は
「優勝者2人は恋に落ち、結婚し、
そして幸せに暮らしましたとさ」という虚構を演じさせられ
憎むべき独裁政府の広告塔となって国中を巡業させられる
カットニスとピータの葛藤を描いた。
「ウソの生活なんかできない」というカットニスと
 生き残るために何をすべきか冷静に考えるピータ。
「流されれば楽に生きられる。ほかの人たちの幸せなんてどうでもいい」
そうした誘惑に抗い続ける2人。
ついに「虚構」を捨てるが、ピータはつかまってしまうのだった。

その続きとしての、今回の3作目。
「レジスタンス」というタイトルが示すように、
これは反政府軍の戦いの日々の記録である。
ガレキの山、死傷者であふれる野戦病院、
人々を鼓舞するリーダーの演説…。
もはや「娯楽」を突き抜け「フィクション」も突き抜け、
今、世界中のあちこちで起きている市街戦の真っただ中に
身を置くような感覚になる。

汚れた身なりで無表情に労働へと向かう庶民と、
宮殿のような大統領府で優雅な生活を送る支配者たち。
1作目の公開から3年が過ぎた2015年。
ますます苛烈を極める地球上の貧富の差が
この映画の中にそのまま存在する。

互いに情報戦を制しようとプロパガンダ合戦に明け暮れる両者。
その裏で街ごと空爆され、すべてを失う庶民。

この戦いに、終わりはあるのか?

戦いの虚しさ、戦いの中で生きる苦しさを、
自らの問題として突きつけられる。
戦争映画として、秀作だ。

ちなみに、「FINAL」と 銘打っているが、「レジスタンス」は通過点。
「FINAL レボリューション」に続きます。 


サブ4
ⒸTM & © 2015 LIONS GATE FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

サブ2
ⒸTM & © 2015 LIONS GATE FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

サブ7
ⒸTM & © 2015 LIONS GATE FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.


サブ8
ⒸTM & © 2015 LIONS GATE FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

平安のゲリラ戦士・将門御前が背負った夢

蒼の乱
 Ⓒ2015 ゲキ×シネ『蒼の乱』/ヴィレッヂ・劇団☆新感線


作:中島かずき
演出:いのうえひでのり
配給:ヴィレッヂ/ティ・ジョイ
封切: 5月9日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー
公式サイト:http://www.aonoran.com/

ストーリー●
渡来の女性・蒼真(天海祐希)は
国家大乱という不吉な占いをして追われているところを、
坂東武者の将門小次郎(松山ケンイチ)に助けられる。
故郷の平和と安定を純粋に夢見る小次郎。
そこへ西海で暗躍する伊予住友(粟根まこと)が現れ
「東西同時に蜂起して都を脅かそう」と小次郎に持ちかけてきた。
蒼真に不安がよぎる。
彼女には、故国での蜂起に失敗し、
仲間の大半を失うという辛い過去があった。

みどころ●
今年創立35周年を迎える劇団☆新感線。
重厚なテーマでありつつスピーディーな殺陣やコミカルな場面、
華やかなミュージックシーンを織り交ぜた舞台は、
若者中心に絶大な支持を得ている。
そのライブ感を損なうことなくフィルムに収めたのが「ゲキ×シネ」だ。
 
今回は、平安中期に起きた平将門の乱・藤原純友の乱をモデルに、
中央政治に蹂躙される辺境の民や渡来人たちの運命を描く。

宝塚OG天海祐希による
元男役ならではの凛々しい演技は輝くばかりだ。
天皇とアイヌの族長の二役を演じた平幹二朗は、
不満分子を巧妙に操り、分裂・弱体化させる政治家のいやらしさを際立たせた。
そうした「権力」サイドの手練手管に
まんまとのってしまう純朴かつ単細胞の将門小次郎の憎めなさを
松山ケンイチが好演。 
 
誇りか、生活か。勝利か、命か。
「テロとの戦い」が安易に叫ばれる今だからこそ、
とりわけ心に響く歴史ファンタジーである。 

浮世絵から飛び出す江戸パワー!
北斎の娘にして片腕・お栄の青春


sarusuberi_main
Ⓒ2014-2015 杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会

監督:原 恵一
原作:杉浦日向子
配給:東京テアトル
封切 :5月9日(土)よりTOHOシネマズ日本橋、
テアトル新宿ほか全国ロードショー
公式サイト :
http://sarusuberi-movie.com


ストーリー●
文化11年、江戸。
浮世絵師・お栄(杏)は、
父であり師匠でもある葛飾北斎(松重豊)とともに、絵を描いて暮らしていた。
別居して暮らす母・こと(美保純)は、
絵を描くこと以外何にも目に入らぬ二人の、
散らかしほうだいの暮らしを心配するが、
当のお栄はどこ吹く風。
「親父と娘と筆2本、箸4本あればどこででも食っていけるさ」と
男社会の絵の世界で、まなじり決してまい進する。
女だてらに臆せず枕絵を描きもするが、
そこは生娘、「絵はうまいが味がない」などと言われ壁に突き当たる。
そんなお栄がもっとも心を砕くのが、
妹のお猶(清水詩音)のことだった。
生まれつき目が見えず、
琵琶の勉強のため尼寺に預けられているお猶を
ときどき寺に訪ねては連れ出し、
目の見えないお猶に江戸の街の風景を語って聞かせるのだ。
ある日、お猶がことの家に戻された。病気だった。
日に日に弱るお猶に、
父の北斎はどうしても会おうとしない。
お栄は父を「いくじなし!」となじるのだった。

みどころ●
江戸風物の漫画を描かせたら右に出るもののいない
早世の人気漫画家・杉浦日向子の作品のアニメ化で、
早くから完成が待ち望まれていた。
ストーリーはお栄とお猶の姉妹愛を軸にはしているが、
映画の魅力は細密に再現される江戸の風景である。
両国橋の上でお猶は行き交う人々の「音」を楽しむが、
お栄はお猶の「音」を、写生のために記憶する。
原監督は、お猶の耳と、お栄の目を通して、
江戸の街をすみずみまで再現し、提供しようとしているのだ。
また、
北斎が描いた竜が魂を持ち、絵から飛び出していくところや
絵に描かれた百鬼や妖怪たちが動き出すところも圧巻。
何より、オープニングである。
江戸の街を闊歩するお栄とバックに流れるロック調の音楽が
実に塩梅よくかけ合わさってわくわくする。
椎名林檎が手掛けるエンディングテーマとも違和感がない。

このところ、日本画を見る機会が多いのだが、
「鳥獣戯画」や「北斎漫画」は言うに及ばず、
日本画そのものが漫画の原点であることを
ひしひしと感じている今日この頃。
アニメファン、浮世絵ファンは必見である。

声優には上記の面々をはじめ、
濱田岳、高良健吾、筒井道隆、麻生久美子など俳優のほか、
人気落語家の立川談春も参加。

街並みに歌舞伎小屋の中村座が出てくるところなど、
歌舞伎ファンにもうれしい仕掛けになっている。

*お栄は「葛飾応為」の雅号を持ち、「吉原格子先之図」はよく展覧会に出品される。


 
sarusuberi_sub2
 
Ⓒ2014-2015 杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会
sarusuberi_sub1
Ⓒ2014-2015 杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会
 

たくましき江戸の女たちが縁切寺に賭ける第二の人生

駆け込み女メイン

Ⓒ2015「駆込み女と駆出し男」製作委員会

監督:原田眞人
配給:松竹
封切 :5月16日(土)より全国順次公開
公式サイト :http://kakekomi-movie.jp/


ストーリー●
天保12年。
時代は水野忠邦の「天保の改革」により質素倹約がよしとされ、
芝居や戯作本など娯楽への取締も強くなっていた。
医者の卵でありながら戯作者も志す中村信次郎(大泉洋)は、
住みにくくなった江戸を離れ、
鎌倉・東慶寺の門前にある親戚の家・柏屋に身を寄せる。
東慶寺は、女性から離縁できなかった江戸時代、
駆込んで2年寺に籠れば女性からでも離縁ができる寺として有名で、
柏屋は駆込んだ女性たちの事情を聞くための御用宿、
いわば離婚調停人の役割をする場所だった。
信次郎は御用宿での聞き取りを手伝うようになる。
そこへ駆け込んできたじょご(戸田恵梨香)とお吟(満島ひかり)。
夫(武田真二)の浮気とDVで心を閉ざすじょごは、
源次郎のやさしさに触れ、少しずつ心を開いていく。
一方お吟は、
豪商堀切屋(堤真一)の囲われ者で、何不自由なく暮らしていたのに駆け込んでくる。
「愛されすぎて身がもたない」というのがその理由だが、
実はお吟にも、夫の堀切屋にも、互いに言えない秘密があった。

みどころ●
原作は井上ひさしの「東慶寺花だより」。
駆込んできた女性一人一人の人生と行く末を描く短編から成る。
最近では市川染五郎主演で歌舞伎でも上演された。
単に「哀れな女性が最後の救いを求める」というだけにとどまらず、
自分らしく生きようと決断し、
新しい人生を選択する女性たちの逞しさや、
彼女たちを温かく見守る周囲の人々の
庶民ならではの知恵の集積が小気味よい。
そこに井上ひさしらしい笑いと
人間の生活力を信じる優しいまなざしを感じる。

時代劇初挑戦の原田眞人監督は、
黒澤明作品を初めとする日本の時代劇映画に連なろうと、
江戸風物と色彩にこだわって丁寧な映像作りに徹した。
本格的な作風は、時代劇ファンにはうれしい限りだ。
細部にこだわる井上ひさしワールド構築にもつながっている。
一方で、
時代劇馴れしない精神が現代人にもわかりやすい人物描写を生み、
アクションありロマンスあり笑いありの展開の早さで
2時間半という長尺をちっとも感じさせない。
この映画をきっかけとして
時代劇に興味を持つ人も増えるのではないだろうか。

駆け込み女サブB
 Ⓒ2015「駆込み女と駆出し男」製作委員会

阿修羅城2003ポスタ-
Ⓒ2015 ゲキ×シネ『阿修羅城の瞳2003』/松竹、ヴィレッヂ


劇団☆新幹線と染五郎のコラボで生まれた
いのうえ歌舞伎の真骨頂!
惹かれあう男と女の横顔に潜む鬼の影

作: 中島かずき
監督:いのうえひでのり
配給:ヴィレッヂ/ティ・ジョイ
封切:4月11日(土)より全国ロードショー 
映像制作:イーオシバイ
舞台製作:松竹
Ⓒ2015 松竹 ヴィレッヂ

ストーリー●
時は文化文政。
江戸の闇にまぎれ、人の姿を借りた鬼たちが、
人を喰らい、人の世を滅ぼそうとしている。
それに対し、人間側も
特務機関「鬼御門(おにみかど)」を組織し、対抗していた。
病葉出門(わくらば・いづも=市川染五郎)はその鬼御門の中でも
「鬼殺し」の異名をとった辣腕剣士だったが、
5年前ふっつりと姿を消し、今は鶴屋南北の一座に弟子入りしていた。
 
その一座の小屋に、
ある日逃げ込んできた謎の女・つばき(天海祐希)。
彼女は鬼御門の長である十三世阿倍清明(近藤芳正)の
殺害現場に居合わせていた。
つばきは無実を訴え、背中のアザを見せて、
出門に「このアザの意味と自分の過去を探してくれ」と頼むのだった。

見どころ●
劇団☆新感線の舞台を、
ライブ感そのままに映像化したゲキ×シネ。 
「阿修羅城の瞳」は初めて映画館でテスト上映をした
ゲキ×シネにとって原点ともいうべき作品だ。

とにかく殺陣が半端ない。
1ミリもゆるがせにしないハードボイルド。
重量級のアクションを間近でとらえるカメラワークが
思わず身をのけぞらせるほど身近にその迫力を伝える。
加えて、
随所にちりばめられる、笑いのツボ! そして音楽!ダンス! 
絶対に客を飽きさせないぞ、というシーン展開の速さには、
執念さえ感じられる。
 
その分、物語は単純な勧善懲悪かと思いきや、
冒頭でいきなり裏切り勃発! 
「鬼の軍団vs鬼御門」を軸にしながらも、
登場人物はそれぞれが闇の部分を抱え、
一筋縄ではいかない展開が続く。

俳優陣も適材適所、いい味を出している。
特に、市川染五郎は、
歌舞伎俳優としての経験と実力をいかんなく発揮。
身体能力もさることながら、
場面場面で三枚目から正義の味方、殺人鬼、そして女への純愛、と
多面体の主人公・出門を見事に表現。
演じ方によっては単に場面をつなぐ狂言回しになってしまうところ、
男の色気とスターのオーラで空気を支配した。
後半、出門が鬼御門を去った理由に
つばきが関係していたことがわかったときの衝撃も、
波動となって観客に伝わってくる。
 
対する天海祐希、
前半は、「予感」を封じこめながら自分の本当の姿を探し求めるつばきを、
ひたむきに生き、悩み、恋する等身大の女性として演じ、大いに共感を呼んだ。
だからこそ終盤、
真の姿になったときの無表情との間に落差が生まれ、
あたかも弥勒のごとき輝きを放って一瞬で「転生」を理解させたのだ。

運命にあらがうように生き切る出門とつばきのラストシーンは、
欲望のため、快感のため、生きるため、
いつだって鬼にも蛇にもなる人間のあさましさが、
さながら愛を触媒にして昇華し、結晶となったかのようだ。

今回、劇団☆新感線35周年記念として、
デジタルリマスター版でよみがえった本作品。 
よみがえらせるだけの価値はある。
15年経ってますます人を酔わせる名作である。

*ライブビューイング系の映画は特別料金が設定されることが多いが、
 この作品は通常の映画と同じ、1800円で見られる。
 175分と、約3時間ノンストップだが、長さを感じさせない。 
 22歳以下は1000円で見られる「ヤングチケット」もあるので、
 気軽に足を運んでみては?
 


阿修羅城2003
Ⓒ2015 ゲキ×シネ『阿修羅城の瞳2003』/松竹、ヴィレッヂ

↑このページのトップヘ