仲野マリの気ままにシネマナビ online

投稿誌「Wife」に連載中の「仲野マリの気ままにシネマナビ」がWebの世界に飛び出しました!

タグ:伊原剛志

人種も時空も超えた「忠臣蔵」
グローバルスタンダードな騎士魂が炸裂

-main

©2015 Luka Productions.

監督:紀里谷和明
配給:KIRIYA PICTURES/ギャガ
封切 :11月14日、 TOHOシネマズ スカラ座他にて全国ロードショー
公式サイト :http://lastknights.jp/


ストーリー●
そこは腐敗政治がはびこる帝国が支配する世界。
悪徳大臣は権力をかさに強要する。
金満政治を嫌うバルトーク卿(モーガン・フリーマン)は、
賄賂を断って窮地に立たされ、
大臣に刀を向けたため斬首、領地も没収されてしまうのだった。
一年後、
城を追われた騎士達は身分を隠して暮らしながら、復讐の機会をうかがっていた。
隊長のライデン(クライヴ・オーウェン)は酒浸りの日々を過ごすとみせかけ、
油断を誘う。
いよいよ、宿敵を倒す日がやってきた。
彼らは難攻不落の城に潜入できるのか。

みどころ●
「仮名手本忠臣蔵」をベースにした本作品。
といっても、そこはハリウッド映画。
架空の世界、架空の国での物語に換骨奪胎してある。
当初登場キャラクターが全員日本人だったものを、
「日本の、特別な話として片づけられたくなかった」という紀里谷監督が
多国籍の俳優が違和感なく物語に溶け込めるように再構築した。

だから、さまざまな国や民族の名優たちが出演している。
浅野内匠頭はモーガン・フリーマン、大石内蔵助がクライヴ・オーウェン。
韓国の名優アン・ソンギは加古川本蔵という渋い役どころ。
日本からも原剛志が、清水一学を思わせる帝国側(吉良側)剣の達人を演じる。
寡黙な中に存在感が光る重要な役回りだ。

アクションありサスペンスありの中に、
正しい生き方(義)のため立ち上がる人々の物語が浮き彫りになる。
クライマックスの「討入り」は圧巻。
ダムのように立ちはだかる城壁をはじめ、
待ち受ける数々のダンジョンを前に
「彼ら」はひるむことなく立ち向かっていく。
 待ち受ける帝国側(吉良側)の剣の達人たちとの戦い、
特に伊原とオーウェンとの一騎打ちは
「奥庭泉水の場面」(竹森喜多八と小林平八郎の殺陣)をほうふつとさせる。

このように、
かなり大胆に筋を単純化しているようでいて、
原典を細部まで理解した上で練られた脚本は見事。
(この脚本、最初に書いたのはカナダ人である)

「忠臣蔵」をよく知る人は、
登場人物や有名なエピソードがどのように形を変えて姿を現すか、
あるいはどの設定が変えられているかを発見するのも楽しみの一つ。
逆に知らない人には、
「忠臣蔵」を理解する格好の機会になるのではないだろうか。

「ラスト・ナイツ」は
第28回東京国際映画祭に出品され、
公開にさきがけ10月にも上映されている。 

阿修羅城2003ポスタ-
Ⓒ2015 ゲキ×シネ『阿修羅城の瞳2003』/松竹、ヴィレッヂ


劇団☆新幹線と染五郎のコラボで生まれた
いのうえ歌舞伎の真骨頂!
惹かれあう男と女の横顔に潜む鬼の影

作: 中島かずき
監督:いのうえひでのり
配給:ヴィレッヂ/ティ・ジョイ
封切:4月11日(土)より全国ロードショー 
映像制作:イーオシバイ
舞台製作:松竹
Ⓒ2015 松竹 ヴィレッヂ

ストーリー●
時は文化文政。
江戸の闇にまぎれ、人の姿を借りた鬼たちが、
人を喰らい、人の世を滅ぼそうとしている。
それに対し、人間側も
特務機関「鬼御門(おにみかど)」を組織し、対抗していた。
病葉出門(わくらば・いづも=市川染五郎)はその鬼御門の中でも
「鬼殺し」の異名をとった辣腕剣士だったが、
5年前ふっつりと姿を消し、今は鶴屋南北の一座に弟子入りしていた。
 
その一座の小屋に、
ある日逃げ込んできた謎の女・つばき(天海祐希)。
彼女は鬼御門の長である十三世阿倍清明(近藤芳正)の
殺害現場に居合わせていた。
つばきは無実を訴え、背中のアザを見せて、
出門に「このアザの意味と自分の過去を探してくれ」と頼むのだった。

見どころ●
劇団☆新感線の舞台を、
ライブ感そのままに映像化したゲキ×シネ。 
「阿修羅城の瞳」は初めて映画館でテスト上映をした
ゲキ×シネにとって原点ともいうべき作品だ。

とにかく殺陣が半端ない。
1ミリもゆるがせにしないハードボイルド。
重量級のアクションを間近でとらえるカメラワークが
思わず身をのけぞらせるほど身近にその迫力を伝える。
加えて、
随所にちりばめられる、笑いのツボ! そして音楽!ダンス! 
絶対に客を飽きさせないぞ、というシーン展開の速さには、
執念さえ感じられる。
 
その分、物語は単純な勧善懲悪かと思いきや、
冒頭でいきなり裏切り勃発! 
「鬼の軍団vs鬼御門」を軸にしながらも、
登場人物はそれぞれが闇の部分を抱え、
一筋縄ではいかない展開が続く。

俳優陣も適材適所、いい味を出している。
特に、市川染五郎は、
歌舞伎俳優としての経験と実力をいかんなく発揮。
身体能力もさることながら、
場面場面で三枚目から正義の味方、殺人鬼、そして女への純愛、と
多面体の主人公・出門を見事に表現。
演じ方によっては単に場面をつなぐ狂言回しになってしまうところ、
男の色気とスターのオーラで空気を支配した。
後半、出門が鬼御門を去った理由に
つばきが関係していたことがわかったときの衝撃も、
波動となって観客に伝わってくる。
 
対する天海祐希、
前半は、「予感」を封じこめながら自分の本当の姿を探し求めるつばきを、
ひたむきに生き、悩み、恋する等身大の女性として演じ、大いに共感を呼んだ。
だからこそ終盤、
真の姿になったときの無表情との間に落差が生まれ、
あたかも弥勒のごとき輝きを放って一瞬で「転生」を理解させたのだ。

運命にあらがうように生き切る出門とつばきのラストシーンは、
欲望のため、快感のため、生きるため、
いつだって鬼にも蛇にもなる人間のあさましさが、
さながら愛を触媒にして昇華し、結晶となったかのようだ。

今回、劇団☆新感線35周年記念として、
デジタルリマスター版でよみがえった本作品。 
よみがえらせるだけの価値はある。
15年経ってますます人を酔わせる名作である。

*ライブビューイング系の映画は特別料金が設定されることが多いが、
 この作品は通常の映画と同じ、1800円で見られる。
 175分と、約3時間ノンストップだが、長さを感じさせない。 
 22歳以下は1000円で見られる「ヤングチケット」もあるので、
 気軽に足を運んでみては?
 


阿修羅城2003
Ⓒ2015 ゲキ×シネ『阿修羅城の瞳2003』/松竹、ヴィレッヂ

↑このページのトップヘ