仲野マリの気ままにシネマナビ online

投稿誌「Wife」に連載中の「仲野マリの気ままにシネマナビ」がWebの世界に飛び出しました!

タグ:劇団☆新感線

平安のゲリラ戦士・将門御前が背負った夢

蒼の乱
 Ⓒ2015 ゲキ×シネ『蒼の乱』/ヴィレッヂ・劇団☆新感線


作:中島かずき
演出:いのうえひでのり
配給:ヴィレッヂ/ティ・ジョイ
封切: 5月9日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー
公式サイト:http://www.aonoran.com/

ストーリー●
渡来の女性・蒼真(天海祐希)は
国家大乱という不吉な占いをして追われているところを、
坂東武者の将門小次郎(松山ケンイチ)に助けられる。
故郷の平和と安定を純粋に夢見る小次郎。
そこへ西海で暗躍する伊予住友(粟根まこと)が現れ
「東西同時に蜂起して都を脅かそう」と小次郎に持ちかけてきた。
蒼真に不安がよぎる。
彼女には、故国での蜂起に失敗し、
仲間の大半を失うという辛い過去があった。

みどころ●
今年創立35周年を迎える劇団☆新感線。
重厚なテーマでありつつスピーディーな殺陣やコミカルな場面、
華やかなミュージックシーンを織り交ぜた舞台は、
若者中心に絶大な支持を得ている。
そのライブ感を損なうことなくフィルムに収めたのが「ゲキ×シネ」だ。
 
今回は、平安中期に起きた平将門の乱・藤原純友の乱をモデルに、
中央政治に蹂躙される辺境の民や渡来人たちの運命を描く。

宝塚OG天海祐希による
元男役ならではの凛々しい演技は輝くばかりだ。
天皇とアイヌの族長の二役を演じた平幹二朗は、
不満分子を巧妙に操り、分裂・弱体化させる政治家のいやらしさを際立たせた。
そうした「権力」サイドの手練手管に
まんまとのってしまう純朴かつ単細胞の将門小次郎の憎めなさを
松山ケンイチが好演。 
 
誇りか、生活か。勝利か、命か。
「テロとの戦い」が安易に叫ばれる今だからこそ、
とりわけ心に響く歴史ファンタジーである。 

阿修羅城2003ポスタ-
Ⓒ2015 ゲキ×シネ『阿修羅城の瞳2003』/松竹、ヴィレッヂ


劇団☆新幹線と染五郎のコラボで生まれた
いのうえ歌舞伎の真骨頂!
惹かれあう男と女の横顔に潜む鬼の影

作: 中島かずき
監督:いのうえひでのり
配給:ヴィレッヂ/ティ・ジョイ
封切:4月11日(土)より全国ロードショー 
映像制作:イーオシバイ
舞台製作:松竹
Ⓒ2015 松竹 ヴィレッヂ

ストーリー●
時は文化文政。
江戸の闇にまぎれ、人の姿を借りた鬼たちが、
人を喰らい、人の世を滅ぼそうとしている。
それに対し、人間側も
特務機関「鬼御門(おにみかど)」を組織し、対抗していた。
病葉出門(わくらば・いづも=市川染五郎)はその鬼御門の中でも
「鬼殺し」の異名をとった辣腕剣士だったが、
5年前ふっつりと姿を消し、今は鶴屋南北の一座に弟子入りしていた。
 
その一座の小屋に、
ある日逃げ込んできた謎の女・つばき(天海祐希)。
彼女は鬼御門の長である十三世阿倍清明(近藤芳正)の
殺害現場に居合わせていた。
つばきは無実を訴え、背中のアザを見せて、
出門に「このアザの意味と自分の過去を探してくれ」と頼むのだった。

見どころ●
劇団☆新感線の舞台を、
ライブ感そのままに映像化したゲキ×シネ。 
「阿修羅城の瞳」は初めて映画館でテスト上映をした
ゲキ×シネにとって原点ともいうべき作品だ。

とにかく殺陣が半端ない。
1ミリもゆるがせにしないハードボイルド。
重量級のアクションを間近でとらえるカメラワークが
思わず身をのけぞらせるほど身近にその迫力を伝える。
加えて、
随所にちりばめられる、笑いのツボ! そして音楽!ダンス! 
絶対に客を飽きさせないぞ、というシーン展開の速さには、
執念さえ感じられる。
 
その分、物語は単純な勧善懲悪かと思いきや、
冒頭でいきなり裏切り勃発! 
「鬼の軍団vs鬼御門」を軸にしながらも、
登場人物はそれぞれが闇の部分を抱え、
一筋縄ではいかない展開が続く。

俳優陣も適材適所、いい味を出している。
特に、市川染五郎は、
歌舞伎俳優としての経験と実力をいかんなく発揮。
身体能力もさることながら、
場面場面で三枚目から正義の味方、殺人鬼、そして女への純愛、と
多面体の主人公・出門を見事に表現。
演じ方によっては単に場面をつなぐ狂言回しになってしまうところ、
男の色気とスターのオーラで空気を支配した。
後半、出門が鬼御門を去った理由に
つばきが関係していたことがわかったときの衝撃も、
波動となって観客に伝わってくる。
 
対する天海祐希、
前半は、「予感」を封じこめながら自分の本当の姿を探し求めるつばきを、
ひたむきに生き、悩み、恋する等身大の女性として演じ、大いに共感を呼んだ。
だからこそ終盤、
真の姿になったときの無表情との間に落差が生まれ、
あたかも弥勒のごとき輝きを放って一瞬で「転生」を理解させたのだ。

運命にあらがうように生き切る出門とつばきのラストシーンは、
欲望のため、快感のため、生きるため、
いつだって鬼にも蛇にもなる人間のあさましさが、
さながら愛を触媒にして昇華し、結晶となったかのようだ。

今回、劇団☆新感線35周年記念として、
デジタルリマスター版でよみがえった本作品。 
よみがえらせるだけの価値はある。
15年経ってますます人を酔わせる名作である。

*ライブビューイング系の映画は特別料金が設定されることが多いが、
 この作品は通常の映画と同じ、1800円で見られる。
 175分と、約3時間ノンストップだが、長さを感じさせない。 
 22歳以下は1000円で見られる「ヤングチケット」もあるので、
 気軽に足を運んでみては?
 


阿修羅城2003
Ⓒ2015 ゲキ×シネ『阿修羅城の瞳2003』/松竹、ヴィレッヂ

3月30日、
ゲキ×シネ『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ』公開を記念して、
舞台あいさつがあり、
この舞台あいさつの模様は、全国の劇場に生中継されました。

司会は中井美穂さんで、
古田新太さん、浦井健治さん、高橋由美子さん、麿赤兒さんが登壇。
三浦春馬 さんも登壇予定でしたが、高熱のため欠席でした。
 
三浦さんから、会場に足を運んだ観客と共演陣に向け、
欠席を詫びるメッセージが届いたのですが、
古田さんと高橋さんは「三浦春馬です(笑)」とあいさつし、
浦井さんは、劇中そのままのハイテンションで
「どうもシャルルです! 春馬くんじゃなくてすみません!」、
さらに麿さんも「三浦春馬ではありません」と
それぞれに欠席の三浦さんに言及し笑いを誘いました

古田「五右衛門ロック」シリーズも3作目なので、いつも通り臨んだけれど、
   麿先輩、村井(國夫)先輩がいるのは楽しみでした」
 
麿「新感線はすごいと聞いてて、かなり緊張しましたよ。
  特に古田さんは、世紀の詐欺師のような大物。尊敬していた」

古田「毎回、他人のふんどしでやってるだけです。
   今回も春馬や蒼井優、バカ王子(=浦井さん)をうまく使って(笑)。
   みんながんばり屋で、舞台ではギリギリまでファンサービスをして、
   舞台袖に下がってからハアハア言ってた」

高橋「本作で新感線参加は4作目。もう‘準劇団員’扱い。
   今回は稽古場に炊飯器を持ち込んでおにぎりを作って配ってました。
   まかないの"小さいおじさん"と呼ばれてます(笑)」
古田「酒飲むとオレよりもおじさんなんですけど(笑)。
         助かりますね、いい"おじさん"です」

浦井「本作と、1作前の「薔薇とサムライ」で
         すっかり"バカ王子"役が板についてしまい、
    その後の別の現場で池田成志さんに
         『シャルル病になってる。シャルルっぽいからやめろ』
    と本気でダメ出しされました(苦笑)」
古田「健治と(橋本)じゅんさんは困ったもので、勝手なことばかりする。
    怒っても『はいはい』と言うだけで何にも聞こえてない」
浦井「幸せでした! 新感線のファンなので」(やっぱり聞こえてない!)
古田「ここまできたら、健治には
        他のプロデュース公演でもシャルルやってもらいたい」

この日は、公開を記念し、鏡開きを敢行。
三重の酒造から取り寄せたその名も「五右衛門」という酒の入った樽を
古田さんらが掛け声に合わせて木槌で叩き、本作のヒットを祈願しました。

最後に締めのあいさつに立った古田さんは
「これからもくだらないものをいっぱい作っていきます。
 飽きるまでよろしくお願いします!」と語り、
会場は拍手に包まれました。
-----------------------------------------------------------
〈ゲキ×シネ〉『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ』は
新宿バルト9他全国公開中
(C)2014ヴィレッヂ・劇団☆新感線
配給:ヴィレッヂ/ティ・ジョイ

公式サイト: www.goemon3.com 

映画の内容や見どころはこちらからどうぞ。
 

迫力満点!「劇団☆新感線」の舞台をスクリーンで! 
ゲキ・シネ10周年記念作品第2弾は、三浦春馬のダンスと歌がうますぎてツボ

jpg_cmyk
(C)2014ヴィレッヂ・劇団☆新感線


作:中島かずき
演出:いのうえひでのり
作詞:森雪之丞

配給:ヴィレッジ/テイ・ジョイ
封切:3月29日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー

公式サイト: www.goemon3.com

ストーリー●
太閤秀吉が栄華を極めた時代。
天下無敵の大泥棒・石川五右衛門(古田新太)は、
女盗賊・猫の目お銀(蒼井優)とともに、
春来尼(高橋由美子)が本尊として守ってきた空海ゆかりの黄金の像を盗み出す。
ところが、
盗んでみれば黄金とはまっかなウソ。
お銀は落胆するものの、
実はこの像には空海が隠した黄金のありかを示す暗号が隠されているとわかり、
一味はその「お宝」探しを始める。
一方、
頭脳明晰な若き探偵・明智心九郎(三浦春馬)は
犯罪者である五右衛門たちを追い詰めていくが、
その過程で堺の豪商・蜂ヶ屋善兵衛(村井国夫)と手を組むことになる。
ところがこの善兵衛、
日本国を売っても儲けようという腹黒商人だった!

解説とみどころ●
ゲキxシネとは、
エンターテインメント界のトップを走る《劇団☆新感線》の人気舞台を
より多くの観客に届けるべく、

「まるで映画のように楽しめる作品」として、映画館で上映するという
新しい演劇映像のスタイル。 

単なる「劇場中継」ではなく、最新のデジタルシネマの技術を用い、
臨場感を増幅させる映像表現と音響技術により、
想像以上のライブ感と興奮が味わえる。


…などという小難しいことは横へ置いて、
次から次へと繰り出される音楽とダンスとアクションに身を任せていると、
気がつけば感情のるつぼ、カタルシスに浸っている…。
それがゲキ・シネの醍醐味である。

だから、今回も
「秀吉」「堺」「南蛮」「お宝」「五右衛門」といった
キーワードさえ押さえておけば、
あとは流されるまま、舞台の渦に向って飛び込んで行けばよい。

ゲキxシネは、常に大物ゲストの参加が話題になるが、
今回レギュラーの古田新太や橋本じゅんにからむのは、
三浦春馬と蒼井優。

特に三浦の歌声の美しさにはノックアウトである。
「タウンワーク」のCMでは
「きっと本人じゃないよね」とさえ噂されたほどの美声は、ホンモノだった!
彼の声がここまで伸びがあり美しく、音程も正確だとは。
本物のミュージカル俳優である浦井健治や村井国夫、高橋由美子を
向こうに回して、まったく見劣りがしない。

ダンスも殺陣にも切れがあり、見ているだけで幸せになれる。
テレビドラマでも映画でも引っ張りだこの三浦だが、
今後はミュージカル俳優としても、ぜひ活躍してほしい。


ZIPANG_PUNK縲€main
 (C)2014ヴィレッヂ・劇団☆新感線

↑このページのトップヘ