「甲子園」という人生の魔物

メインスチル「アゲイン」
 Ⓒ重松清/集英社 Ⓒ2015「アゲイン」製作委員会


監督・脚本:大森寿美男
原作:重松清「アゲイン」 
配給:東映 
封切 :1月17日(土)全国ロードショー
公式サイト :http://www.again-movie.jp/

ストーリー●
元高校球児の坂町 (中井貴一)は46歳。
白球を追った日々は遠い。
離婚した妻が亡くなって以来仕事にも張りがなく、
一人娘の沙奈美とも絶縁状態だ。
そんなある日、元チームメイト松川の娘・美枝(波瑠)が訪ねてくる。
彼女は震災で死んだ父親の遺品の中に、
チームメイト全員に宛てながら出していなかった
27年分の年賀状の束を見つけたのだ。
「なぜ毎年書きながらも、父はそれらを出さずにいたのでしょう?」
美枝が問いかけても、坂町は言葉を濁すのだった。

みどころ●
主役の中井貴一以下、 
「もう過去のことだから」と青春の日々に見切りをつけ、
それぞれの日常に甘んじてきた元球児たちの「うらぶれ感」がリアル。
いくら美枝が
「マスターズ甲子園でもう一度野球をやりましょう!」と働きかけても
自嘲の笑みとともに一歩さがるばかりだ。
それでも追ってくる美枝に、
押しこめてきた恨みつらみが、全身から噴き上がって暴れ出す。
彼女の父親こそが、彼らの「痛み」の原因だから。
 
過去を封印した中年男たちが、
傷つきながらも次第にかつての「全力投球」を思い出し、
家族とともに再生していく。
その過程がまさに「二度目の青春」として描かれる。

年末から年始にかけ、
「ミリオンダラー・ゲーム」「バンクーバーの朝日」「KANO」
そしてこの「アゲイン」と、野球映画の公開が続く。
国や時代は異なれど、いずれも球児たちのまっすぐなエネルギーと、
それに勇気づけられる大人たちが描かれていて興味深い。
野球には、男たちに「真っ向勝負」を想起させるスイッチがあるのかもしれない。